自由に生きる。

自由に生きる。

93年生まれ🐫。リタイアして旅に出たい投資家

ETFの増配力を比べる VIG・DGRW とか

あけましておめでとうございます㊗

今年もよろしくお願いします。 

 増配~~🚀

年末年始ヒマなのでいろいろと調べていたら今更ながらVIGというETFが気になったので調べてみました。

VIG; Vanguard Dividend Appreciation ETF 

美しすぎる構成銘柄、約180銘柄↓ディフェンシブが多いです。

VIGの構成銘柄

Vanguard より

増配力を比べてみる

比較したのは以下のETF

VTI; Vangurard Total Stock Market ETF

VIG; Vanguard Dividend Appreciation ETF 

DGRW; Wisdomtree U.S. Quality Dividend Growth ETF

VYM; Vanguard High Dividend Yield ETF

HDV; iShares Core High Dividend ETF

VUG; Vanguard Growth ETF

VTV; Vanguard Value ETF

相場が順調な時

年間の分配金

分配金成長率

ちなみに株価はこんな感じ

株価成長率のチャート
Yahoo finance より

あれ....?なんかVIGショボくね? 

VIGの配当伸び率はだいぶ想像よりだいぶ低い(名前のせいで期待値が高かったです)、株価はVTIとほぼ同じパフォーマンス、あえて買うメリットもないように思えてきました。HDVは配当の伸び、株価の伸びどちらもさらに低いですね~。一方、ウィズダムツリーのDGRWは配当伸び率が非常に高く株価成長でもVTIを若干上回ります。

VIGは単純に過去の増配回数(10年以上)をもとに銘柄を抽出していますが、DGRWは実績だけでなくEPS成長予想、ROEROAをスコアリングして銘柄を抽出しているようです。DGRWの方が将来重視、名前のとおりクオリティーですね。

 景気が悪い時

 リーマンショック前後の比較です

分配金成長率

不況期の株価成長比較

Yahoo finance より

VIG強い!組み入れ銘柄みても固そうな会社多いですしね。VIGの強さは不況時にこそ発揮されるでしょう、といっても分配金へのダメージがマシというだけで株価は大ダメージではあります・・。ただリーマンショックから10年が経過し、リーマンショック時に減配した銘柄も今後組み入れられていくかもしれません。

VUGもVIGと同じくらい株価・配当ともに回復が早い一方、バリュー系のVTVやVYMは金融セクターの比率が大きいせいか、株価・配当ともに戻りが遅いです。一般的な?低迷期では違う結果かもしれないですが、リーマン級の金融危機ではバリュー株も全く強くないということが分かります。

※今回はETFの発行済口数の増減は考慮していません。

 

以上、年末年始の暇な時しか書かない記事でした~。

 

DGRW ( ..)φメモメモ・・

マネックスとかSBIでは手数料無料の対象です。

 

ブロガーってこんな感じの記事を毎日のように書いてるんですね、尊敬します。

 

Best, Regards 

www.vanguardjapan.co.jp

www.wisdomtree.com

 

Best regards,

 

サハラ砂漠の夕日
Sahara Desert, Merzouga